盗聴器の発見調査の料金に関するトラブル事例を紹介します。
悪徳業者のトラブル事例

盗聴器発見トラブル事例~E子さんのケース

「お宅から盗聴電波が出ているので調べさせてもらえますか?」 ある日、盗聴発見業者を名乗る男性が、E子さん宅に訪ねてきました。

最初は疑いつつも、 「早く撤去しないと生活が全て覗かれてしまいますよ」 という言葉に不安を感じ、調べてもらうことにしました。
業者は早速、鞄から機械を取り出し家中を調べ出しましたが、 「1階の天井裏に仕掛けられているようです」とE子さんに伝え、 天井裏を覗き込んで作業に入りました。 業者は10分ほどで作業を済ませ、取り外した小さな金属製の物体を E子さんに見せました。 業者が軽く叩くと、持っていた小型受信機にも同じ音が入ってきていた 為、どうやら本当に盗聴器が仕掛けられていたようです。

E子さんは業者にお礼を述べると業者は調査前に提示した
5万円ではなく、 撤去費用も含めて14万円という金額を請求してきました。請求額に驚き「最初の見積もりと違う」 と訴えると

業者は、
「調査の了解を得ておりますし、盗聴器も出てきていますので、 キャンセルは出来ませんが、どうしてもというなら契約違反で訴えることになりますよ?」 と少し強めの口調で言われ、混乱したE子さんは結局、
この業者に14万円という高額な料金を支払ってしまいました。

[解説]

今回のケースの業者は、 悪徳業者による手口であると推測できます。

この流しと呼ばれる手口は、被害件数は減ってきてはいますが、 無くなった訳ではありません。 流しをしている業者の全てが悪徳という訳ではありませんが、 すぐにその場で調査をお願いした点はE子さんの失敗です。

例えば 「無線に詳しい人に相談してから決めます」と答えていれば、 ほとんどの悪徳業者は退散するはずです。

悪徳業者に共通しているのは 「恐怖心を煽り、依頼を急がせること」で、渋る人に対しては、 家庭のコードレス電話を受信して聞かせることで信じ込ませます。

コードレス電話と盗聴とは基本的に無関係ですが、知識がないと、否定しにくいものです。 また、調査前と後で請求する料金が違うのはかなり問題です。 別途費用がかかるのであれば事前にきちんと説明するのが、 当たり前です。

E子さんからの情報だけなので詳しくは分かりませんが、 この業者が行った盗聴調査は、 単なるパフォーマンスだった可能性が高いと思われます。 「1階と2階の中間付近に反応が出たから設置場所は天井裏に違いない」と言い切れるほど盗聴調査は単純ではありません。
しかも、 E子さんの許可なく勝手に取り外した点は、 業者が持ち込んだ盗聴器を、いかにも「発見」したかのように見せる自作自演の可能性があります。

今回に限らず一人でいる女性は悪徳業者に狙われやすくなっています。 特に、機械全般に対する知識が少ない、 盗聴への恐怖心が強い近所へ噂が広がるのを恐れて泣き寝入りする場合が多い、 といった条件が満たされていると要注意です。 悪徳業者の手口をできるだけ多く知り、いざという時にも冷静な対応を心がけてください。

...この失敗談から学ぶこと

  • いきなり訪問してくる「流し業者」にはトラブルが多い
  • 私生活が覗かれる、というような脅迫に乗せられてはいけない
  • 撤去費用など、追加料金については事前に確認しておく
  • 自分で勝手に盗聴器を取り外してしまう盗聴器発見業者は、
  • 自作自演の可能性が高い
  • 一人でいる女性などはターゲットになりやすい傾向がある
PAGE TOP