盗聴器発見業者が盗聴器を持ち込む。盗聴器があったと偽装する悪徳業者の手口
盗聴器発見業者が盗聴器を持ち込む

悪徳な業者に調査を依頼した場合、その業者が自分で盗聴器を持ち込むことがあります。存在していないはずの盗聴器を"発見"したことにして、1個あたり4万円といった法外な発見報酬や撤去費用を追加請求するという手口です。(発見報酬を最初から明示していれば、悪徳ではありません)
 
そもそも、依頼者の許可なく
盗聴器を勝手に取り外してしまうような真似は、
通常の業者であればやりません。
そんなことをしてしまえば、本当に発見したかどうかが分からず、もし本当だったとしても犯人特定の手掛かりを
潰してしまうことになります。
実際にあった話ですが、勝手に盗聴器を取り外してしまい

「あんたのところ(業者)が犯人じゃないの?」と警察から言われてしまった業者もあるほどです。
「盗聴器を見付けたので取り外しておきました。2個あったので8万円いただきます。」
‥‥そんな詐欺まがいの被害に遭わないためにも、
 依頼者が調査現場に立ち会うことを禁じているような業者の
 動向には充分に気を付けてください。
PAGE TOP