所在地と責任者の情報が確認できる盗聴器発見業者を選ぶ
● 住所や連絡先を公開している
 
ここがポイント!
  • 所在地や責任者氏名がはっきり公開されている
  • メールや電話など、複数の連絡方法が明らかになっている
  • 非通知からの電話でも出てくれる
  • 営業時間内であれば、きちんと電話が繋がる
 
[その理由は?]
商売の世界では当たり前のことですが、
住所や電話番号、責任者氏名といった「責任の所在」を明確にしているところが
業者としての最低条件
です。
 
これは逆にいえば、責任の所在をお客様に知らせていない業者が、
それだけ多いということで特に探偵社が、
盗聴発見もやっている場合によく見られるケースです。
 
もちろん所在地をどこにも書いていない、
またはメールアドレスだけで営業している中にも、
調査力が高くて親切な業者さんがいることは確かです。
しかし、どんなビジネスであれ 特に探偵業や盗聴発見業のようなプライバシーに関わる仕事をするのであればこそ、自社についての
「責任の所在」は明らかにしておかなければなりません。
 
こういった基本情報は公開してこそ、お客様からの信頼を得られるもの
ですから、それを知っていてやらないということは
「何かを隠している?」
「トラブルが起きたら逃げられるのではないか?」
と疑われても仕方ないと言えます。
 
普通の業者であれば、
この点に関して嘘や誇張はありません。
住所や責任者氏名はもちろん、資本金にいたるまで正確に書いて
あるはずです。
 
もちろん、こういった条件を満たすような業者であれば、
少なくとも契約面で失敗する可能性は低いでしょう。
(調査技術は別の問題ですが)
 
また、盗聴器発見業者が登記されている法人組織である場合は、
インターネットを使えば社名だけから信用情報を取得することができます。
(大手信用調査会社の有料データベースなど)検索料金は1社あたり1000円~2000円程度で、個人でも登録さえすれば手軽に利用できます。
 
少しばかり情報検索料金はかかりますが、これもトラブルを未然に 防ぐ有効な手段といえるのではないでしょうか。


  • 個人営業でも責任の所在が明らか
  • 有名企業でも責任の所在が不明で、自称する会社規模や実績に不審な点も多い
 この両者をくらべれば、前者(個人営業)を選んだ方が、
 満足できる盗聴調査をしてくれる可能性は高いと思われます。

PAGE TOP