盗聴器発見についての知識が多く調査範囲が広い。盗撮カメラや盗聴器の発見に対応できる深い知識と技術があります。
● 知識が多く、調査範囲が広い

ここがポイント!
  • 盗聴盗撮発見についての知識が豊富
  • それを依頼者に分かりやすく説明できる
  • アナログ盗聴器だけでなく、デジタルや盗撮カメラにも対応できる
 
[その理由は?]

ある程度の安心感は営業トークで「演出」できても、知識不足だけは隠しようがありません。 この点は、優良業者かどうかを判断するのに重要なポイントとなります。

盗聴発見業には免許も届出も必要ありませんから 仕事の少ない探偵や、
サラリーマンついでに副業としているような個人業者も、
簡単に「営業だけなら」できてしまいます。
業者の実力(知識)を依頼前に判断するため、最初の見積り段階で いくつかの質問をしてみるのが有効です。

  • デジタル盗聴って何ですか?
  • 電波を飛ばさない盗聴器ってありますか?
  • 盗聴って違法ですか?
  • コンクリートマイクって何ですか?
  • 発見が難しいタイプの盗聴器って何ですか?
  • リモコン盗聴器って何ですか?
  • スクランブルとはどのような事ですか?
  • 盗撮カメラの調査はできますか?
  • もし盗聴器が見付かった時はどうすれば良いですか?
      ...等

少なくとも、上記のような質問に答えられない業者は、
残念ですが知識があるとは判断できません。

実力のある業者であれば、お客様からの質問に答えてくれます。 色々な事例や最新情報を挙げながら分かりやすく説明してくれる 盗聴調査業者を選びましょう。

PAGE TOP