盗聴発見業者の選び方マニュアル/盗聴調査トラブル事例/発見器のレベルについて解説します。

 

 

契約面・調査力から優良調査業者を選ぶための
ポイントや、悪徳業者の撃退テクニックなど
意外と知らなかった役立ちマニュアル。

          今すぐ
 
Adobe readerはPDFファイルを表示印刷するための無償ソフトウェアです。 
 
はじめまして、
「盗聴器発見業者の選び方」をご覧頂きありがとうございます。

専門サイトを立ち上げた理由としては、
盗聴発見業者の選び方について、まともなサイトや有益な情報が他に
なかったからです。

当社では「探偵社の選び方マニュアル」というサイトも運営していますが、
探偵社と盗聴器発見業者を比較すると
実は、盗聴発見業者の選び方の方がずっと簡単です。


例えば探偵の場合ですと「調査力」を考えたときに、
探偵調査員のスキルの問題が大きく影響してきます。

つまり、調査員が上手いか、下手かの
違いが「調査力」を大きく左右するのですが この調査員のスキルを、外から判別することは極めて難しいのです。

それに比べると、盗聴器発見の「調査力」を考えたとき、
調査を行う人によって上手か下手かというスキルの差はほとんどありません。(全くないとは言いませんが)

盗聴発見調査


の場合、単純に盗聴調査機材の(性能*量)
調査力が決まってくる訳ですから、探偵の選び方よりもずっと
簡単に見分ける事が出来るはずです。

探偵の盗聴調査で使われる機材の数や
見た目である程度その探偵の調査レベルを知ることができますが機材性能について、
専門の知識を持っていないと分からないかと思います。

そのため、盗聴調査を探偵へ依頼する前に 盗聴調査に使われる機材の
性能についてある程度知識を持っておくと、より良い業者を選びやすくなります。


またどのような機材が盗聴調査に役立つのか知っておけば、
その機材を所持している探偵事務所 または興信所を選んで、盗聴調査を依頼することもできます。

探偵事務所や興信所が所持している盗聴調査機材には、それぞれ違いがあります。
より性能の高い機材を持っている探偵のほうが、盗聴器を発見する可能性も高くなります。

当サイトでは、盗聴器発見業者が使用する機材にどのようなものがあるのか?
という説明を具体的に解説しながら、悪徳業者の手口等も公開していきたいと思います。

 
サイトに関する著作権は Akai探偵事務所が保持します。 
※ 再配布について  
このサイトは リンクフリーです 

 

 

PAGE TOP