盗聴器発見業者の選び方マニュアル/盗聴調査トラブル事例/発見器のレベルについて解説します。
はじめまして、
「盗聴器発見業者の選び方」をご覧頂きありがとうございます。

専門サイトを立ち上げた理由としては、
盗聴発見業者の選び方について、まともなサイトや有益な情報が他に
なかったからです。

当社では「探偵社の選び方マニュアル」というサイトも運営していますが、
探偵社と盗聴器発見業者を比較すると
実は、盗聴発見業者の選び方の方がずっと簡単です。

盗聴器発見は「機材力」が大事!

たとえば探偵業者の場合は、その「調査力」の良し悪しは探偵調査員のスキルが大きく左右します。

いわば、尾行や張り込み、撮影の技術です。

ですが、この調査員のスキルを外から判別することは極めて難しいのです。

それに比べて、盗聴器発見の場合は、調査員のスキルの良し悪しをさほど必要としません(もちろん、まったくないわけではないですが)。

なぜなら、盗聴発見調査は、「盗聴調査機材の性能・数」で調査力が決まるからです。

どれだけ広範囲の周波数に対応しているか、リモコン式やスクランブル式などステルス盗聴器にも対応しているか……そうした機材力こそが、盗聴器発見業者の調査力の指標になります。


盗聴器発見業者の機材を見極めることが重要

盗聴調査の機材や数でその業者の調査レベルをある程度知ることができますが、機材性能について専門の知識を持っていないと分からないかと思います。

そのため、盗聴調査を探偵へ依頼する前に 盗聴調査に使われる機材の性能についてある程度知識を持っておくと、より良い業者を選びやすくなります。

またどのような機材が盗聴調査に役立つのか知っておけば、その機材を所持している探偵事務所 または興信所を選んで、盗聴調査を依頼することもできます。

探偵事務所や興信所が所持している盗聴調査機材には、それぞれ違いがあります。

より性能の高い機材を持っている探偵のほうが、盗聴器を発見する可能性も高くなります。

当サイトでは、盗聴器発見業者が使用する機材にどのようなものがあるのか? という説明を具体的に解説しながら、悪徳業者の手口等も公開していきたいと思います。

 

 
サイトに関する著作権は Akai探偵事務所が保持します。 
※ 再配布について  
このサイトは リンクフリーです 


契約面・調査力から優良調査業者を選ぶための
ポイントや、悪徳業者の撃退テクニックなど
意外と知らなかった役立ちマニュアル。

今すぐ

  Adobe readerはPDFファイルを表示印刷するための無償ソフトウェアです。


盗聴器発見業者の選び方で重要な4つのポイント

>> 調査力で違う盗聴器調査の料金や費用相場 <<


>> NLJDについてはこちらをご覧ください。 <<

PAGE TOP